「生誕1000日見守り研究」Zoom座談会

 先日、【1000日見守りプロジェクト】Zoom座談会に娘が参加させていただきました。

コロナ禍で、ほとんどの医療機関・施設で母親学級が休止となり、

不安を抱えるプレママ・ママさんたちが多くいらっしゃるかと思います。

今回の座談会では、母親学級とは若干内容は異なりますが

盛りだくさんのお題で1時間の予定が、1時間半近くの座談会となりました。

 ざっくりと、下記のようなディスカッション内容となり、大変有意義な時間を過ごすことができたそうです。

 

①産後のメンタルについて

パートナーや家族の協力の重要性について、専門家の方々・先輩ママさんたちよりアドバイスをいただきました。

また、各自治体や民間でサポート団体があるので利用して欲しいとの情報も。

産後のメンタルの不調については社会的にも問題になっています。

パワフルそうにみえる人でも、誰しも可能性はあります。

産後の親子のサポートは、各自治体の努力目標にもなっているそうで

どの自治体でもおそらくサポート体制が少なからずあるとのこと。

 コロナ禍で里帰りできない・家族がお手伝いに来られない・パートナーが忙しい等、

それぞれの状況に合わせて、そういったサービスを利用してみるのも良いかと思います。

 

②出産に向けて本当に必要なものについて

世間では必要とされているけれど、実際無くても他の物で代用でき困らない物など

助産師・先輩方の実体験をもとに様々教えて頂くことができました。

例えば、ベビーバス。最近の洗面所は大きく使えるので、ベビーバスが無くても沐浴できるよ...等々。

「5日間取り換えられる服があれば、なんとかなる!」との心強いアドバイス。

大きなベビー用品は、外出が制限されている今、本当に必要かどうか再度吟味してみても良いとのお声もあり

教科書通りではなく自分にあった子育てを工夫する楽しみも...。

何かとお金のかかるベビー用品は、少しでも節約できると有り難いですね。

 

 

その他、座談会ではプロジェクトの発展のための意見交換もあり、

プロジェクト主催側・参加側、双方にとって良い時間になったのではないでしょうか。

obasapoでは、今後もマタニティサポートの充実のため「1000日見守りプロジェクト」をはじめ、

様々な角度から正しく・ためになる情報収集ができるよう努めてまいります。

 

 不安を抱えるプレママ・ママの皆様、20分の会話🍎で心が軽くなるかもしれません。

少しでも安心して心軽やかに、出産・育児ができるようお手伝いさせていただきます。

つながりサポート『りんりんりんご』より詳細をご覧くださいませ。